更新回数が多いほど成果が出る?! Webサイト運用における時間浪費の罠

<質問>

ホームページは毎日更新した方が良いと聞いてブログの投稿を頑張っているのですが、成果が出ているのかわかりません。
どれくらい続けていれば売り上げUPにつながりますか?

<回答>

どれだけ続けていても売り上げUPはおろか、アクセスアップにもつながりません。
Webサイト運用の仕組みをつくり、成果につながる内容の更新(改善)を行いましょう。

最近、たびたび同じような質問を受けるので、逆に「なぜ毎日更新したほうが良いと思うのか?」を聞いてみたところ。

  • たくさん更新したらSEOに良いと言われた。
  • 毎日ブログを書くとアクセスが上がると聞いた。
  • WordPressを導入しても毎日更新しないと意味ないと言われた。
    という返答がきました。

このように、サイトの更新自体が目的になっている場合は成果にはつながりません。
本来、サイトの更新は目的を達成するための手段でしかないのです。

ちょと厳しくいいますと、このような質問や疑問を持たれている方のほとんどは無駄に時間を浪費しています。
今回のご相談は、ある製造業の社長からいただいたのですが、状況を少し説明します。

社長が興味を示していなかったダメなWebサイト

自社サイトの状況を社長に聞いたところで得られら情報を少し紹介します。

  • Webサイトから問い合わせがないことは把握している
  • 自社サイトにどれくらいアクセスがある答えられない
  • サイトの更新は少しパソコンに詳しい若い事務のスタッフがやってる
  • 予算はほとんどかけてない
  • 総務担当にできるだけブログを更新しするように伝えている。(内容は指示してない。)

いかがでしょう?
少し書きだしただけでもお分かりになるように、これでは売上UPにつながらなくて当然と思われたでしょう。
しかし、実際このようなサイト運営状況に陥っている会社はとても多いのです。

しかし、成果を上げているWebサイトでは実際にとても多く更新されているのも事実です。
では、売り上げに貢献しているWebサイトと、売り上げに貢献していないWebサイトでは何が違うのでしょうか?

売り上げが上がるWebサイトと上がらないWebサイトの違い

Webサイトの更新は行われているが、売り上げUPやビジネスに貢献しているWebサイトと、更新は行われているがまったく売り上げに貢献していないWebサイトでは何が違うのでしょうか?
私が相談を受けた際に、それぞれのサイトでよく当てはまる内容をいくつかピックアップしました。

売り上げUPにつながるWebサイト

  • Webサイトの目的と役割が決まっている
  • KPIを定めている
  • アクセス解析を導入している
  • PDCAを回している
  • 自社だけでなく他社や検索市場を意識した内容になっている
  • Web担当者が専任でいる
  • Web担当者が営業マンと密にコミュニケーションをとっている
  • Web担当者が経営指針や会社のビジネスやサービスに詳しい
  • 経営者のWebへの関心が高く、社内で協力する体制をとっている
    など

売り上げUPにつながらないWebサイト

  • Webサイトの目的や役割が決まっていない
  • KPIを定めていない
  • アクセス解析を行っていない
  • ビジネスに関係のない内容のブログを日々更新している
  • Web担当者が自社のビジネスを把握しきれていない
  • Web担当者が営業担当者とコミュニケーションをとっていない
  • 経営者が自社サイトの内容に無関心
    など

いかがでしょうか?
もしあなたのWebサイトが日々更新しているにもかかわらず、売り上げUPに貢献していないとするのであれば、あてはまる項目がひとつではないのではないでしょうか。
また、このように内容を見比べてみると、少しずつやるべきことが見えてきたのではないでしょうか。

しかし、どこから手を付けていけばよいかわからないままだと、結局たわいもない記事や会社の情報の更新を繰り返す日々に終わってしまいます。

優先順位をつけて進めると良いのですが、これがなかなか難しい・・・。、

プロに相談するにもどうすれば良いのか?という方のために今回は初めに抑えておくべき2つのことを紹介します。

サイト改善を行うために抑えておくべき2つのこと

1. 目標を決める。

Webサイトにもさまざま種類があり、その種類により目標も変わりますが、まず目標が定まっていないと更新の方針も決まりません。

Webサイトの担う役割を定めたうえで目標を決めましょう。

参考記事

2. 今の状態を確認する

ダイエットでも勉強でも同じですが、目標があっても現状を把握しないと行動指針をたてられません。

Webサイトも同様です。

まず自社サイトが誰にどれくらい見られているのかを把握する必要があります。

そのためのツールとして、無料で使えるGoogleアナリティクスを活用するとよいでしょう。

参考記事

 まとめ

Webサイトを更新していく上で重要な心構えは、更新は目的ではなく改善のための手段と捉えることです。
Webというだけで一歩引いてしまう経営者の方もいらっしゃるでしょう。

しかし、Webを経営に活かしたいのであればWebを実店舗(支店)と同じように位置づけてください。
実店舗の現状や目標を把握しておらず、ましてや興味がない経営者はいませんよね?
売り上げが上がっていないと現状を確認して、改善を考えます。
それを新人や会社のサービスをあまり理解していない社員に任せる経営者もいないはずです。

決してWebをリアルビジネスと引き離して考えてはいけません。
また、Webは特別ではありません。売り上げに貢献するサイトに育てるのであれば、経営戦略や営業戦略とも一貫性を持たせる必要があります。
もちろん目標に合わせて、予算や人員の配置もしていく必要があるでしょう。

このように、Webサイトもマーケティングのための一部(ツール)と考えられるようになれば、更新の内容を業者や知人に聞くのではなく自社で改善(更新)すべき内容が見えてくるでしょう。

大手企業から受注!小さな会社でもできるグーグルアナリティクスを使った組織分析の方法と活用事例

WEB解析 Advent Calendar 2014 の参加記事です。

<質問>

現在、BtoBビジネスをしていて、今後は大手との契約を獲得していきたいと考えています。しかし、直接営業アプローチしても相手にされません。小さな会社がWEB経由で大手企業から契約を獲得することは可能でしょうか?

<回答>

結論から言うと可能です。
しかしWEBだけでBtoBの契約が完結することはほとんどありません。
その為、WEBをフックにして契約を勝ち取るための分析テクニックと事例を紹介したいと思います。

グーグルアナリティクスで、自社サイトを閲覧している組織名を知る方法

まず、グーグルアナリティクスを使って、どんな企業が自社のWEBサイトを閲覧しているのか知る方法を紹介します。
それには「ネットワークドメイン」という項目を使います。

1.「集客>チャネル」を選択
2.ディメンションで、「その他>ユーザの環境>ネットワークドメイン」を選択

集客>チャネル

3.アドバンスフィルタで「co.jp」のドメインに絞り込みます。

アドバンスフィルタ

大手企業は独自のネットワークドメインを持っている事が多いため、この絞り込みでどんな企業が自社のサイトに訪れているのか判るというわけです。

「.com」でフィルタをかければ.comの企業も出せますし、ac.jpでフィルタをかければ教育機関を割り出すことも可能です。

ネットワークドメイン

ドメイン名を見ただけで、どこの企業が判別がつかない場合は、ドメインの前に「http://ドメイン」で検索してみるか、「whois」といったドメイン名登録情報検索サービスを使って企業名を割り出すことも可能です。

特定の企業が自社のどんな商品(コンテンツ)に興味を持っているか知る方法

WEBサイトに数多くの商品や提供サービスを掲載している場合、自社のどんな商品・サービス(コンテンツ)に興味を持たれているか調べることができます。
これには様々な確認方法があります。

セグメントを使った分析方法

1.新規セグメントを作ります。レポート(どのページでも良い)上にあります、下記のセグメントをクリックします。

セグメント

2.「新しいセグメント」をクリックします。

新しいセグメント

3.セグメントの設定画面が開かれるので、必要事項を入力します。

セグメント名は自由です。わかりやすい名前にしましょう。ここでは「組織分析(企業ドメイン)」としています。
次に「条件」をクリックして、フィルタで「ネットワークドメイン」を選びます。大手企業なので「co.jp」でフィルタをかけて最後に保存をクリック。

組織分析セグメント作成

これで大手企業だけの行動を把握するセグメントが完成しました。

企業ドメインセグメント

様々な項目でこのセグメントを使うこと、大企業だけのデータに絞り込んで見ることが出来ます。

また「3.」のco.jpでフィルタをかける部分を特定のネットワークドメインにすることで一企業だけのデータにセグメントすることも可能です。

*共有:グーグルアナリティクスレポート「企業セグメント(co.jp)」

特定の企業がどのページを見ているのかを調べる方法

1.「行動>サイトコンテンツ>すべてのページ」を選択
2.「セカンダリディメンション>ユーザー>ネットワークドメイン」を選択

特定の企業が興味を持っているページ抽出

3.アドバンスフィルタで「co.jp」ドメインを抽出。

アドバンスフィルタでco.jp抽出

特定企業の滞在時間

このレポートより、どの企業が、どのページを、どのくらい(滞在時間・ページビュー等)閲覧したのかが判ります。

組織分析レポートを活用して、営業アプローチする方法

前項により、どの企業が自社のどんなサービスに興味をもったのかが推測することが可能です。
しかし、それがわかっただけでは、自社の売上や契約には結びつきません。
ウェブ担当者がこういった情報を知ってサイト改善を行ったとしても、大手企業がいち中小企業に直接問い合わせをしてきて商談を申し込むなんて事はかなり稀です。
残念ながらデータはデータでしか無いのです。

そこで重要になってくるのが情報の共有です。
ウェブ担当者が自社内の営業担当や社長に情報共有することで、リアルでのアプローチが可能になります。

もしかしたら、先日営業担当が何かのイベントで名刺交換した相手かもしれません。そうすると直接アプローチが可能になりますね。
全く接点がない大手企業へは飛び込み営業では見向きもされないかもしれません。しかし相手の興味を持っている内容がわかっていればその部分に特化した資料を送付して後で電話からフォローするなんて方法を取れば取り合ってくれるかもしれません。

こういった対策はウェブ担当者がアクセス解析を眺めているだけではなかなか出てきません。
組織分析データは、社内の各担当者と共有することで大きな武器へと変わるのです。

WEBサイトの組織分析を活用して、大手企業の契約を勝ち取った会社のお話

販促物でお手伝いさせていただいた、ある会社の事例です。

「WEBサイトを見てくれていた某大手メーカーとの契約が決まったよ!」
先日こんな声が飛んできました。

この会社は、社員数十人の製造業で、売上には波があり、大手メーカーとの直接契約を取るにはどうすればよいかずっと悩んでいました。
WEBサイトを運営していましたが、地方の小企業に大手企業から問い合わせが入るわけでもなく・・・・

そこで、今回の組織分析を活用して、どんな企業がサイトを見ているかを分析することになりました。
すると・・・・、見ているではないですか!!数々の大手企業が。

さらに、大手企業の流入キーワードを調べたところ、あるメーカーが調べていたキーワードが自社の強みとマッチしていて脈があるのではないか?!という事が判明しました。

しかし、次に立ちふさがった問題はアプローチする方法がない事。
そのメーカーは直接営業を受けず、商社を活用して紹介を得る手法を取り入れていました。

そこでこの会社がとった打開策は
「東京の展示会に出展しよう!」ということでした。

国内外多くのメーカーが集まる展示会に出展すれば接点を持てる!と考えたのです。

数千社・もしくは数万社も人が集まる大きな展示会は、大企業の方も多く訪れますが、その分競争は激しい。
そんなにうまくいくはずないのでは、と半信半疑でした。

そこで、WEB解析により大企業が注目していたキーワードを、ブースのポスターやパネルに使いました。

すると、実際にWEBサイトを見てくれていたあの大手メーカーがブースにやって来たのです。

そこからは何に興味を示しているのかわかっていたので、契約に至るまでの話は早かったようです。もちろん初めから大きな契約を結べたわけではないですが、今後大きな契約に変わる可能性はあるということでした。

本件はひとつの成功事例にすぎませんが、組織分析を使えばBtoBビジネスの小さな会社でも新たな可能性が広がると事を改めて認識させてくれました。

【保存版】ウェブマスターツールの使い方!ホームページの改善の為の活用術!

<質問>

ホームページを作ったらウェブマスターツールに登録した方が良いと言われたのですが、使い方がわかりません。実際何ができるのでしょうか?グーグルアナリティクスとはどう違うのでしょうか?

<回答>

はい、この質問は本当によく受けます。
まず、「ウェブマスターツールとは」ですが、グーグルはこう言っています。

ウェブマスター ツールとは、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視し、維持できる Google の無料サービスです。 自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするためにウェブマスター ツールに登録する必要はありませんが、登録していただくと、自分のサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

以下初めて使う方向けにポイントを説明していきます。

誰が使うものか?

ウェブマスターツールは各担当者によって活用できるポイントがあります。

1.サイト管理者/ウェブマスター(自社のWEB担当者)

自社のサイトが正常に検索エンジンにインデックスされているかを知ることができます。
また、サーバーエラーが起きていないか・ウィスルにやられていないか・ペナルティーを受けていないか等、異常を知りすぐに知り対応することができます。

2.SEO担当・マーケター

検索エンジンにどれくらい表示されているか知ることができます。
また掲載順位やクリック率が判るため、今後の施策を決める上での判断にとても役立ちます。

3.サイト制作者・更新者

構造化データのエラーやMETA情報の漏れなどを示してくれるので、マークアップを行う上での手助けとなります。

4.サイト委託業者(制作や管理を委託している業者)

ウェブマスターツールではアクセス権限を付与することができます。サイトの集客や運営を委託している業者に情報を共有することでサイト改善のパフォーマンスを最大化しましょう。

何ができるのか?

主な機能とその活用法を紹介します。

・ホームページ上の重要な問題がわかる。
・サイトを素早くインデックスさせる事ができる。
・クロールエラーを確認できる。
・タイトルやディスクリプションの最適化に役立つ。
・検索エンジンにどのくらい表示されているがわかる。
・ユーザーどのようなキーワードでホームページに訪れているのかがわかる。
・他社サイトからどれくらいリンクされているかわかる。

ホームページ上で重要な問題が発生したらしらせてくれる

ダッシュボードを開いた時に一番上に表示されているところがグーグルからのメッセージになります。
下記の状態であれば問題ありません。

新しいメッセージまたは新しい重大な問題はありません。

注意しなければ無いらないのが、メッセージが入っている時です。

・不正なリンク(またはスパム)に対する警告
・マルウェアが検出され事による警告

これらの警告が入っている場合サイトが正常に表示されていない、もしくはインデックスされていない可能性があります。
原因がわかららず「SEOがうまくいかない!」と悩んでいる方もいらっしゃるようですがこれら重要な警告の場合は指示にしたがって適切な対応を取らなければサイトは表示されません。
ウィルスを駆除する、不正な被リンクを取り外す作業をする等を行なって再審査リクエストをしましょう。

サイトや作成コンテンツを素早くインデックスする方法

新しいコンテンツを作成したら、いち早く検索エンジンに知らせる方法です。
クロールされるのを待つのではなくコチラからグーグルさんに「こんなページできたよ」と知らせます。

サイトマップ送信

サイトマップ送信

「クロール」>「サイトマップ」から「サイトマップ追加」を選択して送信します。

参考:サイトマップ自動生成ツール「sitemap.xml Editor
URLを入力するだけでサイトマップファイルを作成してくれます。

Fetch as Googleでインデックス送信

「クロール」>「Fetch as Google」で新しくできたページのファイル名を送信。

最近ではインデックスされるスピードも早くなってきましたが、なかなかインデックスされない、コンテンツを更新したのになかなかクロールされないという場合は使ってみてください。

クロールエラーを確認できる

クロールエラ

サイトエラー

あまりお目にかかりませんが、ココにエラーがあると大変です。
検索エンジンがサイトにアクセスできていない状況です。DNSやサーバーにエラーがあるのでエンジニアに相談してすぐ解決しましょう。

URLエラー

リンクエラー(存在しないページヘの被リンク)又は、URLの変更(ファイル名やディレクトリの変更)が原因で起こります。
エラーが出ているリンクをクリックすると詳細を見られますので、対応後「修正済とする」をクリックしましょう。もし問題が解決されていなければ再度表示されます。

タイトル・ディスクリプションを調整してクリック率を上げましょう

「検索のデザイン」>「HTMLの改善」で下記の内容が見られます。

HTMLの改善。タイトルとディスクリプション

タイトルやディスクリプションの有無・重複・長すぎる・短すぎる等、クリック率に関係する重要なMETA情報の指摘がされています。
こちらはスニペットに関係するものなので、クリック率やアクセス数に大きく影響を与えます。
ページ数の多いサイトではMETA情報の管理が難しいので、ここに表示されたものから優先的に改善すると良いでしょう。

検索クエリから見るSEO対策

「検索トラフィック」>「検索クエリ」で以下のデータが表示されます。
検索クエリ

クエリ数

クエリ数とは検索されたキーワード数を意味します。
多ければ多いほど様々なキーワードで検索エンジンに表示されていることが判ります。
コンテンツマーケティング(ロングテールSEO)を行っていると、クエリ数が増えていきます。

表示回数

検索結果に表示された回数を表します。検索エンジン経由のアクセスを稼いでいく上で重要な指標になります。
キーワードの検索順位が上がったり、またロングテールキーワードが多く表示されるようになったりしてくると、この値も増えていきます。
SEOを施す際、個々のキーワードの順位やアクセス数だけを見るのではなく、表示回数が上がっているかという事に注目しましょう。

クリック数

検索結果がクリックされたサイトに訪問された数を表します。
グーグルアナリティクス(GA)で言う、グーグル検索エンジンからのオーガニック検索と同じポイントになります。
現在GAではグーグルの検索エンジンからはの訪問は(not provided)と表示され、どのようなキーワードで訪問されたかわからない状態になっています。
しかしウェブマスターツールを使えば丸裸になるので、この問題もクリアになります。

掲載順位とCTR

「平均掲載順位」は検索キーワードの期間ごとの掲載順位です。
「CTR」は表示回数に対するクリック数の割合を指します。

検索上位にもかかわらずCTRが低い場合は、キーワードとタイトルの内容が合っていない可能性が高いです。またクリックしたくなるような魅力的なタイトルを付けられていない事も考えられます。
以下参考ですが、自然検索におけるクリック率を表したのもになります。大きく低いものに関してはタイトルやディスクリプションを見なおしてみるとよいでしょう。

自然検索順位 クリック率
1 15.08%
2 10.26%
3 7.32%
4 4.92%
5 4.95%
6 2.21%
7 2.04%
8 2.39%
9 1.45%
10 1.84%

*SEO in Philadelphiaより

*合計して100%にならないのは、表示後どこもクリックせずに2ページ目に写ったり、広告や画像・動画検索に移るユーザーがいるためです。
*ロングテールキーワードにおいてクリック率は高くなる傾向にあります。

分析をする際は「変動率」を見る

「変動率付き」でクエリデータを見ると先月から何%上がったのか?下がったのか?順位は何位上がったのか?下がったのか?を知る事が出来ます。
PDCAを回してサイト改善をしていく上では重要な指標になるので是非確認してみてください。

これらのデータは3ヶ月間しか保存されないので、定期的にデータのダウンロードをすると良いでしょう。

他社サイトからどれくらいリンクされているかわかる。

SEOを考える上で被リンクは重要な指標です。
様々な被リンクチェックツールがありますが、それぞれ独自の指標で解析されています。
グーグルが正式に被リンクを教えてくれるツールはウェブマスターツールだけです。

「検索トラフィック」>「サイトへのリンク」で見ることができます。

近年ペンギンアップデートによるペナルティーの問題が話題になっています。
量から質へと評価のバランスが移ってきている中で、問題がある被リンクによってホームページ自体がペナルティーを受けることがあります。
ですので質の悪いリンクは外した良いという場合があります。

以前外部対策としてリンクを購入していた、不要なサイトからリンクを多くつけていたが外せない・・・という声も多く効きますが、こちらもウェブマスターツールの「リンク否認」でとりはずすことができます。

*被リンクに関しては一見悪質に見えても外すと検索順位が下がる可能性があります。ですので今後の戦略と合わせてしっかり吟味していく必要があります。

*ネガティブSEOによって全く不利なリンクを付けられている事例もあります。定期的に被リンクのデータをダウンロード保存しておけば、急激に順位が下がった時には以前の被リンクと見比べて怪しいリンクが増えていないか確認することが出来ます。

グーグルアナリティクスとの違い

弊社の顧客は少企業のおっちゃん社長多いからかGAとの違いを説明しても、この質問をされる方はGAもよく判ってないパターンが多いです(笑

グーグルアナリティクスは万能の解析ツールとか言われますが、
それは飽くまで「自社のサイトに訪れた方」の行動を解析する上での話です。

つまりサイトに訪れるた後の行動はバッチリ解析できますが、
サイト訪問前のユーザーの動きや意図は全くわからないのです。
もちろん競合や市場やトレンド事情も判りません!こういったデータを分析するにはまた違ったツールが必要になります。

そして、ウェブマスターツールは検索クエリやクリック率からユーザのサイトへの訪問前の行動や意図を読み取ることが出来ます。ここが決定的に違います。

まとめ

ウェブマスターツールを活用するということは
・サイトに重要な問題が発生すると知らせてくれる。
・検索エンジンの表示回数と表示順位がわかる。
・クリック率の分析ができ施策を建てるのに役立つ。
・SEOを行う上で重要な判断を下せる。

まずは登録してみましょう。