自然検索のクリック率を上げるための基礎知識と対策法

Pocket



<質問>

検索順位が1位になったのに、アクセスが増えません。ウェブマスターツールでクリック率を調べたところ、そのキーワードのクリック率(CTR)は10%以下でした。クリック率を上げるには、どのようにすればいいでしょうか。

<回答> 検索結果が1位でも、アクセスが増えないという事実

検索順位を1位に上げたいと願う経営者は後を絶ちませんが、実際のところ経営者が求めるのは検索順位が1位であることではありません。
検索者が検索結果をクリックすることでホームページに訪れ、目的とする行動(売上)をとることが、経営者の狙いです。
では、「クリックされやすさ」を表す指標は何かーそれがクリック率です。
どんなにSEOを頑張っても、ホームページの集客を考える上で、クリック率は避けて通れないKPIだと言えるでしょう。

クリック率とは

クリック率とは、クリック回数を表示回数で割った割合(%)で表現します。
Click Through Rateの和訳でCTRと略されます。
[クリック率の調べ方] 「ウェブマスターツールの使い方!ホームページの改善の為の活用術!」で紹介しています。
クリック率の公式

(例) 表示回数:1万回 クリック回数:1000回 の場合、CTR=10%となります。

検索結果画面とは

検索結果画面とは、Google等の検索エンジンで調べた結果の画面のことです。
Search Engine Result Pageの和訳で、SERP(サープ)と略されます。
「サープ」は業界用語っぽいですね(笑)

早速、Googleのサープ、検索結果画面を見てみましょう。
(ここでは大手検索エンジンGoogleを例に話を進めます。)

serp:検索結果画面

検索結果画面を構成する3つの枠

Googleの検索結果がウェブ検索だけの頃と比べると、検索結果画面は多様化しました。

ウェブ検索

ウェブ検索(Organic Srarch:自然検索)は、最も一般的なタイプのサイト表示です。

ヴァーティカル検索

ヴァーティカル検索(Vertical Search)は、自然検索の一部です。
画像検索・動画検索・地図検索など、検索結果の内容や形式を絞った検索結果表示なので、予めどんな情報を手に入れたいか決まっているユーザーには大変ありがたいものです。

広告

広告(Paid Search:有料検索)は、検索の上部が下部、また右サイドにも表示されます。

3部構成になる前後のクリック率変化

Googleの検索エンジンはめまぐるしく変化していますが、
上記の3部構成になった2014年と、シンプルなウェブ検索しかなかった2000年を比較すると、ウェブ検索のクリック率に大きな変化が出ています。
2000年と2014年のCTR推移

あなたのサイトのクリック率は高い?低い?

今回、処方箋質問者の方のクリック率は10%とのことですが、これは高いのでしょうか?低いのでしょうか?

ある調査結果によると、
自然検索で1位⇒クリック率が17.16% (DESKTOP)
自然検索で2位⇒クリック率が 9.94% (DESKTOP)
自然検索で3位⇒クリック率が 7.64% (DESKTOP)
(米広告代理店 Catalyst社 Google CTR Studyより)

これを参考にすると、クリック率が10%ですと、もう少し改善の余地があるように思えますね。

クリック率を上げるための直接的対策

タイトルとスニペットについて

たったの2つの変更箇所

1か所目:ページタイトル

文字通り、ホームページの内容の「タイトル」
タイトルを変えることにより、検索順位・クリック率、ともに大きく影響するので、変更時はよく吟味してください。
適切な文字数:28-30文字以内
※注意点:ページ内容を更新していないのに、タイトルを頻繁に更新するのはNG。

2か所目:スニペット

説明文のこと。スニペットには、METAディスクリプションの表記が引用される場合が多いです。
影響範囲は、クリック率に影響し、検索順位にはほぼ影響しません。つまり、クリック率を高めるための表現はここでするのが最適です。
適切な文字数:全角120字以内

どのように変える?

クリックせずにはいられなくなるような魅惑的なタイトルやスニペットとは、どのようなものなのでしょうか。
「正解」がない分、あなたの会社にあったコピーを考えることが重要です。
以下に、クリック率を上げるのに一躍買ってくれそうなものを紹介します。あなたに合った最適なものはありますか?

人気/口コミ/評判/○○に人気

行列が行列を呼ぶように、にぎわい感を演出。ウソはばれてしまうので、より具体的に
(例) 20代OLのランチタイムに大人気のピザ
(例) 50代男性に評判の高級ボールペン

ユニークな表現やコピーライティング

商品の特徴を見極め、ユニーク(=唯一)の表現を探すのはコピーライティングの基本です。
ダイソンの有名なコピー
(例) 「吸引力の減らないただ一つの掃除機」
は、商品力をそのまま表現したコピーライティングですね。

(悪い例) ダイヤモンドやパールを扱ったジュエリーショップです

(良い例) ダイヤモンドは『気品』、パールは『遊べる』をテーマに・・・
など、テーマを添えるのも唯一の表記になりますね。

アクションを誘う言葉や割引など

検索結果画面で、同じ並びのホームページが割引やクーポンを表現していない場合、それだけ目立つことができます。
(例) 電話予約で25%割引クーポン

電話番号・住所・駅名など

手っ取り早く地理的情報を求めているユーザーや、ローカル向けの情報発信に適しています。
(例) 東京駅八重洲口徒歩3分

メイン商品や情報など

(時には、屋号よりも目立つように)メイン商品やメイン情報を掲載したほうがクリック率があがる場合があります。
(例) 農家直送野菜を使った窯ピザレストラン

検索キーワードを含めると…

検索エンジンでは、検索クエリ(検索キーワード)が太字で表記されます。
従って、タイトルやスニペットにキーワードが表示されている数が多ければ、必然的に目を惹くことになります。

ヴァーティカル検索で、機会損失しないために

ヴァーティカル検索(Verticale Search)は、近年Googleが力を入れている分野です。
ヴァーティカルとは、垂直という意味で、検索できる幅を狭め、垂直に探すことで、検索の精度を高めようというものです。
前述のように、ヴァーティカル検索は重要性が高まる傾向がありますので、キッチリ抑えて、機会損失を防ぎましょう。

画像検索

画像のAlt(代替テキスト)を適切に指定していますか?
画像の説明文(キャプション)を具体的な言葉にしていますか?
※これは自分の経験からですが、画像がGoogleにインデックス登録されると、上位表示されやすいように思います。

動画検索

Youtubeや動画をUPした後、サイトマップを作成していますか?
タイトルや説明文は適切に入れていますか?

地図検索

グーグルのマイビジネス登録画面

Google マイビジネス登録画面 (無料)

Googleのビジネスオーナー登録に指定していますか?
https://www.google.com/intl/ja/business/

プロダクト検索

Google Merchant Centerに登録していますか?
※サイトオーナーが商品データを無料で登録できます。
https://www.google.com/merchants/

ナレッジグラフ

wikiに出ていますか?
・・・ここで露出するには、少しレベルが高いですが、
サイエンスや歴史を扱う方にはお勧めしたいところです。

書籍検索

電子書籍を出している方は、ここも抑えたいですね。

アプリ検索

お店のアプリを出している方は、ここも抑えておきたいですね。

広告の有効的な活用法

自然検索とは異なるマーケット

まず、経営者が抑えておくべきは、検索者の習慣や行動として、広告をクリックするユーザー層と広告をクリックしないユーザー層が存在することを抑えておきましょう。

検索者のタイプ

従って、マーケットが別だという見方をすると良いかと思います。

広告1位のクリック率は4%

広告掲載時のクリック率は、広告に掲載する文に大きく依存して変動しますが、広告で最上位に表示された場合の平均クリック率は4%というデータがあります。
この数値が多いとみるか、少ないとみるかは、おかれた状況により異なると思います。私は下記のユーザーには非常に有効な手段だとお勧めしています。
・短期間で確実にアクセス流入を確実にしたい場合
・商品やサービスの認知度を高めたい場合
・自然検索では上位表示が難しい場合
・自然検索でのクリック率に限界を感じた場合

短期テストは、低予算派に絶対おすすめ

広告を有効活用すれば、テストマーケティングを効率的に行うことができます。
例えば、特定のキーワードでSEO対策をするには、期間も予算もかかります。しかし、そのキーワードが本当に売り上げにつながるキーワードなのかは確証がありません。このような場合に、先に広告掲載・測定することで、本当に対策すべきキーワードを確証を持って決めることができ、より高いROIを求められます。

(例) 3ヶ月かけて上位表示が叶ったが、クリック率が低かったので、別のキーワードに変更した。
⇒キーワードを選定する際に、テストマーケティングをしてれば、SEOにかかった費用と期間を省くことができたでしょう。

最後に~クリック率を上げる本当の重要性~

クリック率を高めていくことは、2つの意味があります。

効果的にアクセスアップできる

自然検索によるアクセス数は、このように書くことができます。

クリック数の公式:(検索回数)×(クリック率)=(クリック数)
クリック率が高まる分だけ、クリック数が見込めます。

パーソナライズド検索でリピートしやすくなる

パーソナライズド検索(Personalized Search)をご存じですか?
現在GmailやYoutubeを始めとしたGoogleアカウントにログインしたまま検索行動をすると、日頃の検索行動に関連づいた検索結果が表示されるようになります。例えば・・・
(例) 何度も閲覧しているブログが、検索結果の上位に表示されるようになった
(例) 渋谷で検索したら、渋谷に関連する内容が上位に表示されるようになった

[参考サイト] Google History https://history.google.com/history/
※Google Historyでは、あなたの検索行動データが見られます。

参考データ

米マーケティング企業のデータを参照しました。(英語)
CATALYST http://www.catalystsearchmarketing.com/
Advanced Web Ranking http://www.advancedwebranking.com/

Google Webmastertoolのヘルプページ(日本語)
https://support.google.com/webmasters/answer/35252

Pocket


TOMOKO

Written by: TOMOKO

中小企業のWEBコンサルタントとして、様々な業界にWEBサイトで新規顧客獲得のための企画・運営に携わり、その数は300社にのぼる。 株式会社S-FACTORY代表。 Google公認プロフェッショナル認定 Adwords初級・上級認定、Analytics認定 Google + Twitter

感想・ご意見